パソコン紛失/エンドポイントの情報漏えい対策
お見積・無料お試し








製品・コラム





フルワイプに対応したエンドポイントセキュリティ TRUST DELETE prime
遠隔データ消去ソフト TRUST DELETE Biz
SMS Push遠隔消去ソフト TRUST DELETE Bizパナソニック版
VAIO PC向け遠隔消去情報漏えい対策ソリューション
管理サーバーデバイス監視ソシューション TRUST DELETE OP
モバイルデバイス監視ソフト OneBe UNO
外部指紋認証モジュール OneBe TID
ホイールパッドユーティリティ WheelPad Touch
指紋認証連携 不正利用防止ソリューション UNO Touch
個人向けパソコン盗難・紛失ソリューション TRUST DELETE One

エンドポイントの
情報漏えい対策を考えるコラム

2018.08.12
不正アクセスを対策~企業がパソコンの不正アクセスや不正利用を防ぐために
パソコンには、個人情報や機密情報など様々な情報が保存されています。 企業により個人情報や機密情報の取...
2018.07.28
COMPUTEX TAIPEI 2018 – ワンビ株式会社出展レポート 4/4【番外編】-
1日目 現地時間13:30、台湾の松山空港に到着です。 空港を出ると非常に蒸し暑く、一瞬で汗をかいた...
2018.07.13
COMPUTEX TAIPEI 2018 – ワンビ株式会社出展レポート 3/4-
COMPUTEX TAIPEI 2018の全体の印象 全体的に煌びやかで、目立って人も目を引くためか...
2018.07.07
COMPUTEX TAIPEI 2018 – ワンビ株式会社出展レポート 2/4 –
リユース業務ツール提供のウルトラエックス様のご紹介 今回の「COMPUTEX TAIPEI 2018...
2018.06.30
COMPUTEX TAIPEI 2018 – ワンビ株式会社出展レポート 1/4 –
ワンビがCOMPUTEX TAIPEI 2018に出展! 今回、ワンビ株式会社は、6月5日~6月9日...

ニュース

ホーム   >   ニュースリリース一覧   >   一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 データ適正消去実行証明書発行事業を開始

ニュースリリース

2018/05/31
ワンビ株式会社

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 データ適正消去実行証明書発行事業を開始

~ 消去技術認証を受けた消去ソフトウェアを提供開始 ~

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(略称「CSAJ」)は2018 年5 月31 日より、データ適正消去実行証明書発行事業を開始します。この事業は消去ソフトウェアと消去サービス事業者と連携して行うため、同時にデータ消去ソフトウェア開発企業および消去サービス事業者を募集します。なお、本事業はデータ適正消去実行証明協議会(略称「ADEC:エーデック」)基準のもと実施しますので、募集の消去ソフトウェア及び消去サービス事業者はADEC の認証を受ける必要があります。
※ADECの詳細は以下をご参照ください。http://www.adec-cert.jp/

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会プレスリリース: http://www.csaj.jp/NEWS/pr/180531_de.html

▲ PAGE TOP