OneBe UNO

OneBe UNO

OneBe UNO

製品特長/機能

OneBe UNOは店舗やショールーム、病院、倉庫など使用範囲が限られている持ち出し禁止のタブレットにインストールするスタンドアローン型のセキュリティソリューションです。ネットワーク状況や位置情報、電源の接続を監視し、利用ポリシーに違反した状況を検知すると、大音量アラームや入力デバイスのロック、強制シャットダウンにより、不正利用や不正持出を防ぎます。ノートパソコンやタブレットのほか、Windows8.1搭載の専用端末や組み込み端末にも対応しています。

荷物管理ターミナルの在庫管理データ
POS端末の紛失・盗難
工事現場の設計図面情報

OneBe UNOの紹介動画

OneBe UNOを使用した、モバイルデバイスの盗難・紛失時のセキュリティ対策を紹介した動画を閲覧できます。

セキュリティアクション

(利用ポリシーの違反を検出した場合、次のアクションを実行)

大音量アラーム
大音量アラーム※

強制的にボリュームを最大にして警告音を出力します。
※アラーム音は内蔵スピーカーの最大出力と同等の音量です。機種によって最大音量は異なります。

デバイスロック
デバイスロック

キーボード、マウス、タッチパネルの操作を不能にする入力デバイスロックします。

強制シャットダウン
強制シャットダウン

強制的にシャットダウンして操作を行えないようにします。

監視対象

(次の項目を監視することで利用違反を検出)

  • ネットワーク:ネットワーク接続の有無、 または許可されていないネットワークに接続した場合
  • 無線LAN:登録しているSSIDが検知できなかった場合
  • Bluetooth:登録しているBluetoothデバイスとの接続が切れた場合
  • 電源アダプタ:電源アダプタや充電クレードルとの接続が切れた場合
  • 位置情報:事前に指定した位置から一定以上離れた場所で利用した場合
  • ログインパスワード:ログインパスワードを規定回数以上連続で間違えた場合

指定エリア外に出た!

接続環境が変更された!

電源を外した!

長期間利用していない!
不正パスワード入力!

設定画面

(OneBe UNO Configuration Tool)

シンプルな運用方法

複数のデバイスで監視ポリシーを共有

OneBe UNO Configuration Toolで作成した設定ファイルをOneBe UNO Agentがインストールされたデバイスにコピーすることで複数のデバイスで共通の監視ポリシーを利用することができます。

盗難や不正利用を防ぐ「OneBe UNO」と
富士通パソコンの強固なBIOSロック機能が連動

「位置情報」「無線LAN」「Bluetooth」を監視してポリシー違反を検出すると、BIOSロック機能を使用してパソコンを守ります。

富士通法人向けパソコンサイト:

http://www.fmworld.net/biz

対象機種(富士通法人向けパソコン):

LIFEBOOK S935/K、T935/K、T725/K、U745/K、E754/K、E744/K、E734/K、E554/J、E554/J、ARROWS Tab Q775/K、Q665/L、Q584/K、Q555/K64、Q555/K32、Q335/K

動作環境

・Windows7・  Windows8.1  ・Windows10  ・各32bit版/64bit版 ※Embedded対応については、ご相談ください。

カタログダウンロード

OneBe UNOの最新版製品カタログです。主な機能、運用例、動作環境など、製品の概要が掲載されています。