サポート

FAQ

トラストデリートやOneBe UNOなどのワンビ製品に関するFAQを掲載しています。
購入方法や導入方法、使用にあたって説明、製品ごとの機能比較など閲覧することが可能です。

[カテゴリ] 【FAQ】製品全般

1 - 5 ( 9 件中 )

◀ 前へ  1 2 次へ ▶
Q. 消去はどのような方法で行うのですか?
A. ゼロ1回書き込み式、または米国国家安全保障(NSA)方式(3回書き込み)のいずれかによるデータ消去が行えます。

関連タグ: 消去方式 
Q. TRUST DELETE Biz と TRUST DELETE One および OneBe UNO の違いは何ですか?
A. TRUST DELETE Bizでは、登録したコンピューター全体の管理と、部署別のグループ管理ができるようになっています。機能としてはデータ消去機能、デバイスロック機能、データの不可視機能、位置情報取得機能などがあります。
TRUST DELETE Oneでは1台からご利用いただけるライセンスと消去命令の発行や位置情報取得機能がご利用いただけます。
OneBe UNOでは管理者による管理が不要で、あらかじめ端末に設定された接続監視(無線LAN、Bluetooth、電源アダプター、ネットワーク)や位置情報、ログオンパスワード失敗などを監視することにより、それらに違反が生じると、端末のロックやアラーム、強制シャットダウンなどのアクションを発動させることができます。(但し、遠隔データ消去を行うことはできません)
詳しくは、こちらをご参照ください。

関連タグ: Biz  One  UNO  製品比較表 
Q. パソコンを紛失した後に TRUST DELETE Biz または TRUST DELETE One を購入して遠隔データ消去できますか?
A. パソコンのデータ消去にはあらかじめパソコンにTRUST DELETE BizまたはTRUST DELETE Oneの専用のクライアントプログラムをインストールしておく必要があるので、パソコンを紛失した後にご購入いただいても、遠隔データ消去することはできません。

関連タグ: 遠隔データ消去 
Q. 位置情報取得はどのパソコンでもできますか?
A. TRUST DELETE BizおよびTRUST DELETE Oneの位置情報取得機能は、Windowsの位置情報サービスを利用しています。端末のOSがWindows8/8.1以降であれば、GPS搭載端末でなくても、Wi-Fiによる三角測量によって得られる位置情報を確認することができます。

関連タグ: 位置情報取得 
Q. 暗号化製品やシンクライアントを利用していても、TRUST DELETE Bizを利用する必要はあるのですか?
A. 暗号化製品のみの場合、端末の電源が入っていてOSがログオンされた状態で盗難されると、セキュリティ機能を果たすことができません。しかし、TRUST DELETE Bizを併用することにより、そのような状態でも、位置情報取得やリモートワイプなどで対策が可能となり、より一層のセキュリティレベル向上を図ることができます。また、安全性の高いシンクライアントにおいても、万一の際にはローカルに残ったキャッシュデータや接続情報を削除することができるので、さらに安全にご利用いただくことができます。

関連タグ: 暗号化製品  Biz 
1 - 5 ( 9 件中 )

◀ 前へ  1 2 次へ ▶
◀ 戻る
- 365 FAQ Ver1.03 -